予防管理システム|東川口駅の歯科なら【東川口の歯医者 HSデンタルサロン 東川口けやき通り総合歯科】

生まれ持った歯を残すために
必須な治療は「予防」です

一度削った歯は元に戻すことができません。
しかし多くの患者さんは歯が痛くなってから歯科医院にかかるため、どうしても歯を削ることになり、それを繰り返すことで歯がもろくなり、いずれ歯を失ってしまいます。
ご自身の歯は、手や目と同じ大切な臓器であり、消化器官のひとつともいえます。
失ってしまえば、その必要性を痛感することでしょう。

将来、患者さんに後悔してほしくないという想いから、HSデンタルサロンでは次のことを大切にしています。

「できるだけ歯を削らない

「できるだけ神経を取らない

「できるだけ生まれ持った歯を残す

東川口駅・東川口の歯医者 HSデンタルサロン 東川口けやき通り総合歯科・生まれ持った歯を残すために必須な治療は「予防」です

そして最善の治療と思われる「予防」を重視し、むし歯や歯周病にさせないための定期的なメンテナンスやクリーニングに力を入れています。さらに患者さん自身がお口の健康を把握して、納得のうえで予防に取り組めるよう、イラスト入りのお口の診断書や治療計画書もお渡ししています。
将来を見据えた長期予防型の歯科治療で、お口の健康を生涯にわたりサポートいたしますので、ご一緒に歯を守っていきましょう。

中心型の歯科医療

東川口駅・東川口の歯医者 HSデンタルサロン 東川口けやき通り総合歯科・予防中心型の歯科医療

予防中心型の歯科医療の目的は、生涯にわたり自分の歯を残し、健康で豊かな生活を送ることです。
歯は治療を繰り返せば繰り返すほどもろくなるため、痛いところだけを治す従来型の歯科治療はダメージが大きく、いずれ歯を失ってしまいます。
予防中心の歯科医療は、原因を突きとめ根本的な解決をめざしますので、治療の繰り返しを避け、結果的に医療費も軽減することができます。

の流れ

  1. 1
    問診・精密検査

    東川口駅・東川口の歯医者 HSデンタルサロン 東川口けやき通り総合歯科・問診・精密検査 お口の症状や、気になることなどをじっくりうかがいます。
    その後、レントゲン撮影、お口の中の視診、歯周検査、口腔内写真の撮影など精密な検査を行い、お口の状態から原因を見極めていきます。
    痛みがひどい場合は先に応急処置をしますので、遠慮なくお伝えください。

  2. 2
    検査結果の説明

    東川口駅・東川口の歯医者 HSデンタルサロン 東川口けやき通り総合歯科・検査結果の説明 検査結果をもとに、トラブルの起きた原因と現状、考えられる治療法などの情報を説明書にまとめ、患者さんにわかりやすくご説明します。患者さんのお口の将来を見据え、対処療法ではなく原因を除去するための治療を提案いたします。

  3. 3
    治療計画書を作成

    東川口駅・東川口の歯医者 HSデンタルサロン 東川口けやき通り総合歯科・治療計画書を作成 検査結果と患者さんの希望をもとに、治療計画書を作成します。治療期間や治療にかかる費用をすべて明記し、しっかりご説明します。ご不明な点がありましたら、遠慮なくお聞きください。
    治療計画に同意いただけましたら、次回より治療に入ります。

  4. 4
    治療の開始

    東川口駅・東川口の歯医者 HSデンタルサロン 東川口けやき通り総合歯科・治療の開始 治療計画に沿って治療を開始します。
    お口の状態によって、やむを得ず途中で治療内容が変わる場合は、その都度ご説明と確認をさせていただきます。
    医師の独断で変更することはありませんので、ご安心ください。

  5. 5
    定期検診

    東川口駅・東川口の歯医者 HSデンタルサロン 東川口けやき通り総合歯科・定期検診 治療が完了しましたら、当院の予防管理システムにて計画的な定期検診をご案内します。
    せっかく治った歯を守って、健康なお口を維持していきましょう。

の予防管理システム

東川口駅・東川口の歯医者 HSデンタルサロン 東川口けやき通り総合歯科・当院の予防管理システム

むし歯や歯周病の治療が終わっても、それがゴールではありません。
生涯にわたりご自身の歯を維持するためには、ご自宅でのセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアの両方が重要です。
大切なのは、定期的な歯の健康診断=定期検診(メンテナンス)です。
患者さんと当院の二人三脚で、治療後もアフターケアをしっかり行い、いつまでも健康な状態を維持していきましょう。

定期検診の内容
  • むし歯、歯周病の検査
  • 歯石の除去
  • かみ合わせ、歯肉の状態の確認
  • 専用装置を使用したクリーニング(PMTC)
  • 唾液検査、位相差顕微鏡でむし歯のリスクの検査
  • 口腔内にあったケア用品の使い方をアドバイス
  • ブラッシングの確認、指導
お口の情報を徹底して収集し、
比較、管理していきます。
当院では、お口の中、顎全体の資料を記録・保存しています。
具体的には、レントゲン検査(10~14枚法)、口腔内の写真撮影、歯周精密検査、歯型によるかみ合わせの診査(必要な場合)などで得られた膨大なデータです。
お口の状態を毎回記録しておくことで、病気の早期発見や治療計画の見直しに役立てます。また治療前と治療後の変化を写真でお見せできるので、患者さんが納得して治療を受けることができます。